交通事故で損害賠償を払うことになった時に見るべきまとめ

交通事故は運転をしている人なら誰しも加害者になる可能性があります。一瞬の気の緩みやたまたま飛び出してきた歩行者、などヒヤリとする場面は皆さん1度は経験があるのではないでしょうか。車を所有し運転を日常的に行っている場合、2つの種類の保険に関わることになります。1つは強制保険である自賠責保険です。もう1つは任意で加入する任意保険です。自賠責保険は車検時に加入することが一般的で、強制保険として国に定められています。これは被害者救済を確実に行う意図があるためです。もしも自分が交通事故で加害者になったときに、自賠責保険を先行して利用することが主流ですが、車だけが傷む事故で済んだ場合、任意保険で損害賠償を支払うことが主流です。任意保険は様々な会社が存在しており、加入方法もいくつも存在します。

任意保険に加入するにはどうしたらよいか

任意保険はその名前の通り、自己意志で加入するものです。有名保険会社の場合、自動車の購入店や整備店などの代理店で加入したり、保険総合代理店でのお手続きができます。近年自分でネットで保険会社を選択するネット保険も人気があります。ネットの保険のメリットとしては保険料が安い事、手続きが簡単なことが挙げられます。加害者になった際には事故の相談を受け付けるサービスセンターがあり、この点はあまり通常の保険とも変わりありません。事故が起きたらまずはすぐに警察、怪我がある場合は救急車を手配し、同時に加入している任意保険に連絡を行います。損害賠償が大きい場合には弁護士を介入させる方が処理がスムーズなことがあり、この場合は特約として付帯できる弁護士費用が任意保険で使用できるようになります。

弁護士に相談を行う場合にはどのような方法があるか

弁護士費用を付帯している任意保険の場合、保険会社側から指定の弁護士を紹介されることになります。事故処理で慌てている状態の時に所謂保険会社の顧問弁護士を紹介されるのでスムーズです。特約を付帯していない場合、自己判断が求められることがあります。高額の損害賠償が想定される場合には、事故を専門とする弁護士に依頼を行うと良いでしょう。交通事故に関しては相談窓口を自治体も設けており、弁護士に依頼する方法を確認できます。弁護士費用の相場が不安な場合は、まずは公正な判断が可能なこうした自治体系の相談窓口を訪ねてみるようにしましょう。加害者側になったときも、適切な判断を委ねられる弁護士が居れば誠意をもった対応が可能になります。事故のトラブルを未然に防ぐためにも、予め弁護士費用を付帯しておくようにしましょう。